1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. 勝ち組FXトレーダー スペシャルインタビュー
  3. スペシャルインタビュー第1弾

勝ち組 FXトレーダー
~ スペシャル インタビュー 第1弾 ~

インタビュアー 内田まさみさん(アナウンサー)

  インタビュアー : 内田まさみさん(アナウンサー) 内田さんが、FXで年間1億円超を稼いでいる本物の勝ち組トレーダーさんにインタビューを行い、お二人にトレード手法の極意について赤裸々に語っていただきました。
FXトレードで成功している投資家には、誰もが思わず頷いてしまう、成功のための秘訣が
あるかもしれません。FXトレードでさらに成功したいという方にぜひ一度読んでいただきたいという思いから、当社お客様の生の声を記事にまとめて皆様にお届けいたします。

今回の対談記事は東洋経済のサイトにも掲載されました >>

ふたりで一緒にやってきたことが原動力

FXトレーダー 四国に、FXで億を稼ぐトレーダーがふたりいる。現在、30代のふたりが出会ったのは、10代の頃だ。興味深いのは、全く違うトレード手法で利益をあげていること。取引時間も違えば、エントリーのタイミングも違う。相談し合ってトレードしているわけではないのに、なぜふたりはともに勝ち続けられるのだろうか。

最初は株式投資からスタート

内田

まず、ふたりの出会いから教えてください。

近藤氏

初めてあったのは僕が17歳で、まっちゃんが15歳の時です。ガソリンスタンドで一緒にアルバイトをしていて、まっちゃんの方が一年くらい先輩でした。時給は700円だったかな。

まっちゃん

ふたりともまだ若かったですから、いたずらばっかりしていましたね。彼が買ったばかりのバイクを洗車機にいれてボコボコにしちゃったり、そんなことばかりしていました。

内田

その頃は、まだ個人がFX取引をすることができなかった時代ですよね。

近藤氏

はい。24歳までは社会人として会社で働いていました。でも、もともと人よりお金を稼ぎたいという気持ちが強かったんだと思います。社会人だと、貰うお金は月給以上にはなりません。だからその頃は、パチンコで稼いでいました。

内田

億トレーダーで、パチンコからスタートした方は多いようですね。

近藤氏

そうですか。当時、パチンコだけでも月50万円くらい儲かっていましたよ。パチンコで貯めた300万円を元手に株式投資をはじめたんです。ちょうど、インターネットで株が取引できるようになった時期で、本屋には株式投資の本がずらりと並んでいました。

内田

まっちゃんも株式投資を一緒にはじめたのですか?

まっちゃん

僕は、普通に社会人として働いているだけでした。でも、給料は安かったですね。だから、彼が投資をはじめた頃に教えてもらおうとしたんですけど、話を聞いているうちに寝ちゃいました(笑)

「絶対勝てるようになる」という信念があった

内田

近藤さん、株式投資はうまくいったのですか?

近藤氏

最初の2年間は全く勝てませんでしたね。本もたくさん読んだけど、全然ダメで。300万円あった資金は80万円になっていました。それでもやめなかったのは、仲間がいたからです。今では億を稼いでいる株トレーダーたちとBlogで知り合い、毎日励まし合っていました。みんな、同じように負けていましたから。

まっちゃん

2年くらいたって急に勝てるようになったんだよね?

近藤氏

チャートを見続け、値動きの癖がわかってきて、一年で1500万円くらいの利益が出たんです。次の年も同じように1500万円くらい。でも、そこで限界を感じたんですよね。コンスタントに利益は出せるけど、それ以上の額は儲けられないような。

内田

年1500万円って結構な額ですけど、満足できなかった?

近藤氏

はい。もっとお金を稼ぎたいと思って始めましたから(笑)それで、FXに転向したんです。当時はまだレバレッジ200倍とかが当たり前でしたからね。でも、やっぱり簡単じゃなかった。株式投資をはじめた時と同じように、最初の2年は負け続けました。3000万円あった資金は、180万円になっていました。結婚して家族がいましたが、妻には負けていることは話せませんでしたね。

まっちゃん

僕もトレードの勉強を始めていて、彼も負け続けているのに、僕の生活まで助けてくれました。たぶん、すごく苦しかったと思うけど、弱音もはかず、表情にも全くつらさがなかった。

近藤氏

絶対に勝てるようになるって信じていたから。根拠はなかったけど、そう信じていた。トレードは誰でも勝てるようになるんです。諦めないで続けることが大事なんです。

次ページ >> トレード手法が違うことで、リスクが分散される