1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. 勝ち組FXトレーダー スペシャルインタビュー
  3. スペシャルインタビュー第9弾

勝ち組 FXトレーダー
~ スペシャル インタビュー 第9弾 ~

インタビュアー 内田まさみさん(アナウンサー)

  インタビュアー : 内田まさみさん(アナウンサー) 相性の良いテクニカル指標を武器に、家族との生活を優先したトレードスタイルで、成功を収めているDさん。FXを長く続けていくコツは無理をしないこと。デイトレードを中心に、値動きのリズムを掴んで利益を上げる、その極意について語っていただきました。
FXトレードで成功している投資家には、誰もが思わず頷いてしまう、成功のための秘訣が
あるかもしれません。FXトレードでさらに成功したいという方にぜひ一度読んでいただきたいという思いから、当社お客様の生の声を記事にまとめて皆様にお届けいたします。

インタビュアー 安田和敏 (FXプライムbyGMO 代表取締役社長)

  インタビュアー : 安田和敏(FXプライムbyGMO 代表取締役社長) 当社のお客様のみならず、このページをご覧のみなさま全員にFXで利益を上げてもらいたいという思いから本インタビューをシリーズ化しました。
本気でFXに取り組み、成功しているトレーダーの方々のインタビューを通して、その手法や心構えを共有いただき、今後のみなさまのお役に立てていただけますと幸いです。

今回の対談記事は東洋経済オンラインのサイトにも掲載されました >>

「経験」と「感覚」を養うのが勝ち組FXトレーダーへの第一歩

上海 今回のトレーダーは、関東在住で、20年ほど前にご主人の仕事の都合で中国の上海から来日した主婦トレーダーのDさん。
ふたりの子供を立派に育て、FX取引で上げた利益は車や家などを購入する資金に充てるなどしている。
リーマンショック直前からFXを始めたというDさん。今のトレードスタイルを確立するにあたって、大事なのはやはり「経験」だと語ってくれた。

「経験」を重ねることで、徐々に知識をFX取引へ活かせるようになった

安田

日本にいらっしゃったのはどれくらい前ですか?

Dさん

20年くらい前ですね。主人の仕事の都合で日本に来ることになったのですが、子供もいましたし、日本語も全くわからず、とても不安でした。しばらくは家に閉じこもって生活していましたね。外に出なくてはと仕事をしたこともありましたが、子供もまだ小さく、言葉の壁を超えるのは思いのほか大変で。そんな時、テレビでFX取引を知りました。

内田

テレビで知ったのですね。

Dさん

はい。儲かるし、楽しそうだと(笑)。それまで、ミニ株に投資したことはありましたが、FXのことはまるで知りませんでした。主人も「やってみたら」と勧めてくれましたし、他にやることもありませんでしたから、チャレンジしてみることにしました。実際に取引を始めたのは、リーマンショックの前、2008年だったと思います。

安田

もしかして、始めてすぐにリーマンショックですか!?

Dさん

取引を始めて2、3カ月経った頃に、リーマンショックが起きました。リーマン・ブラザーズが破綻した当初、108円台だったドル円やその他の通貨はみるみる下がり始めました。でも、そんな突発的な下落を経験したのは初めてでしたから、2円くらい下がったところで買って、ロスカットされて、それでもまた買って、ロスカットされて。結局、一日で300万円くらい損をしてしまいましたね。これが、今までの中で一番大きく損を出した時です。

内田

ご主人にはその損のことは話しましたか?

Dさん

金額は話せませんでした(笑)。でも、すごく損をしたからやめたいとは言いましたけど、「大丈夫、がんばってみなさい」って言ってくれました。それから、投資本を初めて読んで、「トレンド」を知りました。それまでチャートすら見たことがありませんでした。FXプライムさんが開催しているオンラインセミナーを見始めたのもその頃です。主に、テクニカル手法の解説の回を見て、今、使っているMACDを知りました。それでも、なかなか勝てずに2、3年は負け続けていたと思います。FXは知識も必要ですが、それよりも「経験」が大事ですね。経験してから本を読んだ方が理解が早いし、より深まると思います。
実は、主人にもFXを勧めたことがありましたが、主人はもともと勉強家タイプなので、まずはじっくり本を読んでいました。もう、何度読むの?って言うくらい(笑)。そんなに読んでも、実際の取引はまるで勝てませんでしたから、やっぱり「経験」と「感覚」、これが勝ち組トレーダーになるための条件だと思います。

安田

その頃は、どんなトレードをしていたのですか?

Dさん

とてもゆったりとしたペースで、一週間くらいポジションを持ったままでしたね。お金を儲けたいとか、欲があまりなかったのかもしれません。それでも、経験を積んで、自然に値動きのリズムがわかるようになってからは、トレードがずいぶん変わりました。
今は、利益確定も損切りも早く、デイトレード中心に取引しています。もちろん、トレンドが強い時は、翌日に持ち越すこともありますが、強弱感を見極めるのはとても難しいですね。

次ページ >>見極めのコツは・・・ポジションの傾きと
相性の良いテクニカル