1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. 勝ち組FXトレーダー スペシャルインタビュー
  3. スペシャルインタビュー第10弾

勝ち組 FXトレーダー
~ スペシャル インタビュー 第10弾 ~

インタビュアー 内田まさみさん(アナウンサー)

  インタビュアー : 内田まさみさん(アナウンサー) FX専業トレーダーとして、更なる成功を目指し続けている滋賀県在住の「勝ち組」億トレーダー、ジジさん。サラリーマンをやめ、FXを始めてからわずか4年で2億円以上の利益を稼ぎ出すまでになった成功の秘訣について、快くお答えくださいました。
FXトレードで成功している投資家には、誰もが思わず頷いてしまう、成功のための秘訣が
あるかもしれません。FXトレードでさらに成功したいという方にぜひ一度読んでいただきたいという思いから、当社お客様の生の声を記事にまとめて皆様にお届けいたします。

インタビュアー 安田和敏 (FXプライムbyGMO 代表取締役社長)

  インタビュアー : 安田和敏(FXプライムbyGMO 代表取締役社長) 当社のお客様のみならず、このページをご覧のみなさま全員にFXで利益を上げてもらいたいという思いから本インタビューをシリーズ化しました。
本気でFXに取り組み、成功しているトレーダーの方々のインタビューを通して、その手法や心構えを共有いただき、今後のみなさまのお役に立てていただけますと幸いです。

4年間で2.2億円の利益を積み上げた「勝ち組」トレーダー

株 「100%はなくても、99%の成功を目指したい」
そう話すのは、滋賀県在住のFXトレーダー、ジジさん。FX取引を本格的に始めた2013年からたった4年、当社だけで利益およそ2.2億円(2013年10月から2017年5月24日の期間において)をたたき出した正真正銘の「勝ち組」トレーダー。いったい彼はどんなトレードをしているのか。詳しく訊いた。
※当社で確認の取れている利益は2.2億円だが、他社での取引を含めるとそれ以上の利益を上げていると本人から語られた。

億トレーダーへの第一歩は、手探りで回数と失敗を重ねる毎日にあった

内田

専業になる前は、サラリーマンだったんですよね?

ジジさん

はい。転勤が多い職場で、東京や長野、広島など日本全国を転々としていました。たまたま、出身地の滋賀に戻ってきたところで、定住しようと決めて退職しました。子供も保育園に通い始めていましたし。

安田

FXを始めたのはその頃ですか?

ジジさん

そうです。たしか、2010年10月だったと思いますが、テレビに「株取引で、たった数分で数十万円稼いだ」という個人トレーダーが出ているのを見て、「僕はこれをやりたかったんだ!仕事を辞めても、これでやっていける!きっと、最初から勝てるはずだ!」と思って。なんの根拠のない確信だったんですけど(笑)。それからすぐに人気FX会社のランキングをみて、いくつか本口座を作りました。FXプライムさんに口座を作ったのもこの頃です。

内田

直感した通り、最初から勝てましたか?

ジジさん

いやいや全く(笑)。始めてから丸2年くらいは、どうやっても勝ち方がわかりませんでした。
 そもそもトレードの入り口である、エントリーポイントがわからず、手さぐりで回数や失敗を重ねるしかありませんでした。実は、商材を買ったこともあるんですよ。購入後も、エントリーポイントをブログで教えてくれるというものでしたが、それが後出しで(笑)。ただその商材から、ダウ理論やエリオット波動など、トレードの基本や考え方を学びましたから、損ではなかったのかな?

安田

その頃、収入はなかったのですよね?

ジジさん

はい。貯蓄を切り崩しながら生活していました。妻がパートをしながら支えてくれていて。それでも、「働いて」とは一度も言われませんでした。だからこそ、「FXで成果を出す!」という覚悟が持てたんだと思います。

その頃は毎日、睡眠時間3時間くらいで、それでもチャートが見たくて、見たくて、仕方がなくて。今ふり返れば、とても苦しかったんですけど、とても楽しかったですね(笑)。
トレードし始めて2年経った頃、月単位の成績が逆転してきて、2013年からようやく本口座でトレードを始めました。それから4年経ちましたが、今でもまだまだ勉強中です。もっともっと失敗を減らして、トレードの精度を上げていきたいですね。

「なぜ失敗したか?」を熟考、時には気持ちを強制リセット

内田

失敗を減らしていく?

ジジさん

そうです。勝つ方法を探すことも大事ですが、同時に、自分がなぜ失敗してしまうのかが理解できれば、勝ちを増やすことになりますよね。
例えば、僕は、大負けするとその損を一撃で取り戻そうとして、いつもより大きなポジションを、いつもより長めに持ってしまったりするんです。で、さらに損を重ねてしまう。本当は、大負けした時点でトレード自体がおかしくなっているから、気持ちを切り替えなきゃいけないんですけど、その日のうちはダメ。上手く切り替えられないから、「焼き肉食べに行こう!」って、出かけちゃいます(笑)。

「究極の成功」を求め続ける、飽くなき向上心

ジジさん

たぶん僕は、FXを攻略したいんだと思います。ゲームと同じように途中で失敗したら悔しいし、パーフェクトで、ハイスコアで終わりたい。トレンドがでている時のショートもロングも、値動きのすべてをとりたいんです。だから、例え一日で100万円儲けたとしても、もっといいやり方があるんじゃないか、あの失敗が無駄だったんじゃないかって考える。そうしないと、成長が止まってしまいますから。

安田

失敗すると腹がたったりしませんか?

ジジさん

たちますよ(笑)。でも、腹がたつのは、自分の実力を上に見ているからだと思うんです。「こんなはずじゃない!」って。でも、上手くいかないのが今の自分の実力だから、それを受け止めなきゃいけない。
だからこそ、自分がどんな風に失敗しているのかがわかれば、それをかわすことができますし、冷静でいられる。今でも日々、気づきの連続ですよ。

白馬岳山頂に立つ登山者

次ページ >>天才トレーダーが明かす・・・独自の着眼点と取引手法