1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. 勝ち組FXトレーダー スペシャルインタビュー
  3. スペシャル座談会 第3弾

勝ち組 FXトレーダー
~ スペシャル座談会 第3弾 ~

勝ち組トレーダープロフィール

yatta氏

yatta氏(twitter:@yattadee) 自営業のかたわら外貨投資へ興味を抱きFXを開始。FXでは3か月で100万円を失ったもののバイナリーオプションで成功。トレーダーとして生計を立てるようになる。ファンダメンタルズにも詳しい理論派。

はみ毛氏

はみ毛氏(twitter:@hamigeni) 会社員時代にFXを開始。2013年末からバイナリーオプションも取引するようになり資産を増やす。「BOの帝王」とも称される屈指の実力者。学生時代はパチスロで学費や生活費を稼ぐなどギャンブラーとしても一流。

インタビュアー:羊飼い

  インタビュアー:羊飼い(Twitter:@hitsuzikai) 日本のFX黎明期から取引を開始。2003年からはFXブログも開始し、日本最大規模のFXブログへと磨き上げる。現在はスキャルピングを中心に取引。スマホとタブレットを駆使した独自のスタイルを確立する。

今回は勝ち組バイナリーオプショントレーダーを直撃!

FXプライムbyGMOが自社のサービスで実際に勝っているお客様に、「勝っているトレーダーはどのような手法で取引しているのかを教えてもらうために」コンタクトを取った事で浮かび上がった「折り紙付き」トレーダーとの対談も今回で3回目。第1回、第2回ではFXトレーダーに登場してもらいましたが、今回お招きしたのはバイナリーオプションの猛者2人です!

羊飼いの知らないBOの世界、案内役はこの2人!

はみ毛氏

はみ毛と申します。投資を始めたのは大学4年生のころ。最初は株でしたが、就職して、しばらく投資から離れていました。再開したのは2012年。今度はFXです。仕事しながらだったので勝ったり負けたり。結果がついてこなかったのですが、2013年末にバイナリーオプション(BO)を取引するようになりました。

羊飼い

ちょうどBOの規制が変わり、今のような商品性になった時期ですね。

はみ毛氏

規制の変更もあり話題になっていたので、なんとなくで始めたらうまくいった。それからはBOがメインで、2015年3月に専業トレーダーへ転向しました。

yatta氏

自分はyatta(やった)と言います。自分もはみ毛さんと同じ2012年にFXを始めました。民主党政権でドル円が70円台だった時代です。「主婦でも勝てるFX」なんて言われていて、100万円で始めたのですが、3か月で溶かしてしまいました。2013年末頃に、ニコニコ動画でBOの放送をしている人がいて、「これなら自分もできるんじゃないか」と思ってやってみたら勝てた。そのまま専業になって今に至る、という感じです。

羊飼い

yattaさんはもともと、どんな仕事だったんですか?

yatta氏

貿易業のようなことをやっていたので、為替自体は馴染みがあったんです。その延長で投資しようと思ったのですが何も知識がない。「外貨投資なら外貨預金かな」と考えたんですが、よくよく計算してみるとスプレッドが大きすぎて、とても儲からない。それならFXをと思ってさらにBOへ、という流れですね。


5万円の資金で大成功!半年弱で1,000万円以上に

羊飼い

ふたりともBOで成功しているんですね。元手はどのくらいだったんですか?

はみ毛氏

最初は5万円です。それ以降、運よく追加入金もせずに増やしていけました。

羊飼い

最初にバーンと増えたんですか?

はみ毛氏

記憶が定かでないですが、たしか2013年11月と12月で5万円から150万円に増えました。規制変更で新しくなったBOに戸惑い対応できない人もいたようですが、自分は新BOから始めたので戸惑いがなかった。真っ白な状態で始めたので、やりやすかったです。

羊飼い

取引履歴を見せていただいたんですが、2013年12月から翌年3月で40万円が1000万円以上に増えていました。すごいですね。

はみ毛氏

始めた時期も含めて、運もよかったと思います。

プロや個人の強者・・・FXは対戦相手が厳しい

羊飼い

おふたりとも今や億り人と聞いています。そんな方々から見て、BOはFXとどこが違いますか?

はみ毛氏

単純にFXは難易度が高いなと感じます。銀行やファンド、機関投資家のプロもいるし、個人投資家も猛者ばかり。魑魅魍魎の世界です。でもBOは、業者が開いた市場で、その業者が参照する指標として為替市場を使っています。機関投資家のような魑魅魍魎がほとんどいません。

羊飼い

対戦相手のことを考えると、BOのほうが相対的に難易度は低そうですね。

yatta氏

あとは単純にBOなら少額の資金から始められる。1万円もあればスタートできるから、金額的な敷居は低いですよね。FXは最低取引量が1万通貨からの会社が多く、ドル円で始めようとすると少なくても5万円の資金が必要ですよね。プライムさんは千通貨で取引できますが、、、

はみ毛氏

それに為替市場はフラッシュクラッシュのような不測の事態が起きることがありますよね。そのときにリスク管理していないと、大損することがある。その点、BOは投じた資金以上の損失が発生することはありませんから、最初からリスクが限定されています。為替市場がどんな不規則な動きをしてもリスクの上限は投じた資金まで。

yatta氏

BOの特徴だと思うのですが、方向性がわからなくても「どちらかに動きそう」という判断で投資をし、利益を出せる場合がある。ボラティリティの高まりを予測するだけでもいいんです。

羊飼い

「ボラが高まりそうだ」というときはどんな取引をすればいいんですか? 今、ドル円が110円だとすれば、109円50銭の下方向と110円50銭の上方向のBOを買うとかですか?

yatta氏

そうです。方向性がある程度予測できるなら、資金を上下どちらかに偏らせることもあります。

羊飼い

両張りするとどちらかは必ず損失になりませんか?

はみ毛氏

基本はそうですが、値動き次第ではどちらも取れる可能性があります。50pips下げてから100pips上げるといったような乱高下をしたときですね。そんなとき、下がった時点で下のBOを売却し、上がったときに上のBOを売却するんです。そうすると両方とも利益になる。滅多にないですが。

yatta氏

FXではできないような両張り的なトレードができるんですよね。

羊飼い

BOだと判定時刻まで握って(保有して)払い戻しを受け取ってもいいし、途中で売却することもできるんですよね。判定時刻まで待つ場合と、途中で売却する場合、どちらが多いですか?

はみ毛氏

状況に応じてどちらもやります。売却価格にもよりますし。

yatta氏

自分は圧倒的に途中売却のほうが多いですね。

特別にyattaさんのトレードルームを見せていただけることに。6枚のモニターに、ノートPCとタブレット。
そこに各通貨のチャート、取引画面が所狭しと並べられている。

BOなら「動く」「動かない」の判断でも勝てる

羊飼い

「動かないだろう」と予測して取引することもあるんですよね?

はみ毛氏

ドル円だったら動かないと予測してトレードすることも多いですね。トレンドがでてきたら「ここまで来るだろう」と購入することもあるし、反対に「ここは突破できないだろう」というレートを防衛ラインに見立てて買ったり。BOだといろんなトレードができる。

yatta氏

最近は「動く、ボラが出る」と予想して取引することが多いです。先日は豪ドルが政策金利発表で動いたので、BOの価格が安くなったところで買ったりしていました。ただ、トレードスタイルは人によって全然違いますね。

はみ毛氏

そこはBOのおもしろいところですね。僕はボラが大きいときが好き。今だとブレグジットがテーマとなっている英ポンドをよくさわっています。

yatta氏

僕もボラが高いのが好きですね。テクニカル分析が効かないような相場のほうが、やりやすい。

はみ毛氏

ボラがあると、権利行使価格まで遠く、その分、安くなっているBOを狙います
ボラが高い相場だと遠いレートでも行ってしまうので、予測通りの値動きとなれば、ローリスク・ハイリターンな取引ができます。

yatta氏

普段なら絶対届かないレートにもいっちゃう。FXだとボラがあっても上下の乱高下でロスカットされてからターゲットに届くことがありますよね。それがBOだとロスカットがないので不安になりながらの取引にはならないんです。

羊飼い

損切りさせられてからターゲットへ到達するとガッカリしちゃいます……。

yatta氏

ボラがあるときはリバウンドの値幅も大きい。BOなら両張りで取りやすくもなります。トレンド方向のポジションは量を多くして長めに握るし、リバウンド方向のBOは量を少なくして途中で売却しますね。

はみ毛氏

とくにポンドのように振り幅が大きい通貨はBOのほうが取引しやすいと思います。

勝ち組になるまでに研究したこととは?

羊飼い

おふたりが勝ち続けている理由は?

はみ毛氏

自分が研究したことのひとつが、「時間帯による値動きの傾向」です。東京時間やロンドン時間、ニューヨーク時間ごとの値動きであったり、もっと細かく東京市場の仲値(9時55分)や、ロンパチ(16時、冬時間17時)、ロンドンフィックス(午前0時、冬時間は午前1時)前後でどう動くのか、データを取ったり。

羊飼い

どんな研究をしたんですか?

はみ毛氏

過去のチャートをさかのぼって見て、気づいたことをノートにメモしていた時期もあります。あとは毎日チャートを見ていたのが大きかったですね。通貨ペアごとの特徴や時間帯の傾向や、毎日見ていれば気がつきますから。

yatta氏

あとは経済指標の研究ですね。

はみ毛氏

僕もやりました。羊飼いさんのブログにも、過去に経済指標でどう動いたかをまとめたデータベースがありますよね。ああいうのはBOにすごく役立ちます。

yatta氏

羊飼いさんのブログは経済指標がランク付けされているのでわかりやすいですよね。

羊飼い

ありがとうございます。じつは重要度は毎回、見直しているんです。前回発表時の変動幅を見て、「反応が大きいから重要度を上げようかな」とか。雇用統計はずっと最重要の「SS」なんですけど、そろそろ下げるべきなのかどうか迷ってます(笑)。

はみ毛氏

「昔は注目されていたけど、今はそれほど……」という指標もありますよね。時期によって重視される指標は変わります。

羊飼い

経済指標にもランクがありますよね。政策金利発表や雇用統計は当然だと思うんですが、どのくらい細かい指標まで研究するんですか?

はみ毛氏

大切なのは「その指標が発表されたとき、動いているか」どうか、ですね。誰も知らないマイナー指標でも前回、前々回の発表直後に動いていれば研究すべきです。

羊飼い

過去何回分くらいの値動きを見るんですか?

はみ毛氏

時間の許すかぎり多く、ですね。どうしても時間がなければ直近1年分くらいです。

次ページ >>BOとは「我慢、我慢、我慢」の世界