1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. はじめてのFX・FX初心者
  3. テクニカル教室
  4. 第三講:「ローソク足」の組み合わせパート1【抱き線・はらみ線】

第三講:「ローソク足」の組み合わせパート1【抱き線・はらみ線】

 

博士 今日は第3講「ローソク足の組み合わせ」です。最初は「抱き線」から説明します。
図:抱き線
抱き線
まどか 「抱き線ですか。同じ抱き線でも色々ありますね。」
博士 そうですね。「包み足」とも言います。特に重要なのはbの形。上昇相場の後で、陰線が陽線を包んだ時は天井シグナル、下降相場の後で陽線が陰線を包んだ時は底打ちシグナルです。もちろん100%天井とか100%底というわけではありませんよ。
まどか 「なるほど。結構簡単に見分けられますね。」
博士 そうですね。ちなみに陰線が陽線を包んで、その次の足が陰線だと更に信憑性が高いようです。逆のパターンも同じですね。それでは次の形「はらみ線」です。
図:はらみ線
はらみ線
まどか 「雰囲気的に抱き線に似てますね。」
博士 そうですね。「はらみ線」はaの形で天井シグナル、bの形で底打ちシグナルとなります。特にはらまれた足が「寄引同事線」や「極線」の場合は「はらみ寄せ線」と呼ばれていまして、信憑性が高くなるようです。
まどか 「抱き線やはらみ線って良く出てきたりするんですか?」
博士 そうですね。頻繁に出てくるというわけではありませんが、注意深くチャートを見ているとこれから説明する「毛抜き天井・毛抜き底」よりも出現頻度は高いと思いますよ。それでは最後に「毛抜き天井・毛抜き底」ですね。
図:毛抜き天井
毛抜き天井
図:毛抜き底
毛抜き底
博士 「毛抜き天井」は上昇相場が続いていたにもかかわらず、前日の高値近辺で上げ止まり、翌日から下げた場合、「毛抜き底」とはその逆です。両方ともその名の通り天井圏や底値圏で現れやすい形です。
まどか 「今日は抱き線・はらみ線・毛抜き天井などいろいろ教えていただいてありがとうございます。さっそくチャートで探して見ようと思います。」
博士 そうですね。自分で探して発見できるようになると、これからチャートを見ることが楽しくなるかもしれませんね。今日の講義はここまでにしましょう。

あわせて読みたいコンテンツ

 

本資料は信頼できると思われる情報・データに基づいて作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、本資料は情報提供のみを目的としたものであり、売買の勧誘を目的としたものではありません。売買に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさいますようお願いいたします。万一、お客様がこれらの内容を参考に行った取引から損失・損害が生じた場合にも、当社、ならびに情報提供元を含むすべての関連会社は、これに係る一切の責任を負いませんので予めご了承ください。なお、その目的を問わず本資料を無断で引用または複製することを禁じます。