1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. はじめてのFX
  3. テクニカル教室
  4. 第五講:酒田五法

第五講:酒田五法

 

博士 こんにちは。今日の講義は「酒田五法」についてです。
まどか 「酒田五法?なんだか変わった名前ですね。」
博士 江戸時代、山形(酒田)出身の本間宗久という人が考えたと言われています。この人は「米相場」で巨財をなした人らしいです。そして、その酒田五法は「三山・三川・三空・三兵・三法」という手法に分かれています。
まどか 「なんだか面白そうですね。」
博士 そうですね。この「酒田五法」は株式投資をされている方にも有名みたいですよ。まずは三山といきたいところですが、三山については後日詳しく説明しますので、今日は「三川・三空・三兵・三法」について講義します。次の図を見てください。
図:三川
三川
図:三空
三空 三空

図:三法

三法

図:三兵

三兵
まどか 「なるほど。でもローソク足の間が開いているものがありますね。24時間動いている為替にはこんな事はないと思うんですけど・・・。」
博士 そうですね。確かにその通りです。但し24時間取引している為替でも時にはローソク足の間が開く事もあるみたいですよ。土日は基本的に取引は休みですから、週末から週初にかけて値が飛んだ場合に空間ができます。2003年9月のG7の時にドル円相場はローソク足の間に大きな空間ができました。この空間に関しては井戸端為替会議でも多く議論されていましたね。因みにその空間を「空・窓・ギャップ」と呼びます。
もともと「酒田五法」は「米相場」から生れたものですから「商品相場」や「株式相場」には適応しやすいかもしれませんね。でも三空は別として、三川・三法の場合は「空」はある程度無視しても使えるみたいですよ。
まどか 「それを聞いて安心しました。一つ一つ覚えていきます。」
博士 そうですね。それから三山については後日詳しく説明させていただきますから楽しみにしていてください。今日の講義はここまでです。

 

本資料は信頼できると思われる情報・データに基づいて作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、本資料は情報提供のみを目的としたものであり、売買の勧誘を目的としたものではありません。売買に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさいますようお願いいたします。万一、お客様がこれらの内容を参考に行った取引から損失・損害が生じた場合にも、当社、ならびに情報提供元を含むすべての関連会社は、これに係る一切の責任を負いませんので予めご了承ください。なお、その目的を問わず本資料を無断で引用または複製することを禁じます。