1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. はじめてのFX
  3. テクニカル教室
  4. 第六講:支持線と抵抗線

第六講:支持線と抵抗線

 

博士 こんにちは。今日の講義は「支持線と抵抗線」についてです。基本的なことですが、相場を分析する上では重要なことですから、しっかり覚えてくださいね。
まどか 「はい、わかりました。今日も宜しくお願いします。」
博士 支持線や抵抗線は、攻防の分岐点と考えてください。まず図(1)を見てください。これは過去のドル円のチャートです。四ヶ月ほど105円から110円のレンジで動いていた相場で、なかなか110円以上には上がることができなかった相場です。つまり、110円が上値抵抗線だったということですね。
【図:1】
まどか 「なるほど。でもなぜ上がっても110円くらいで止まってしまうんでしょうか?」
博士

そうですね。では、この期間に取引していた人たちの気持ちを考えてみましょう。例えば105円あたりでドルを買った人がいたとしますよね。しばらくすると110円くらいまでドルが上がりました。すると「もっと上がるだろう」と期待してドルを買ったままにしておく人も多かったと思います。でも、その後期待に反してドルが下がってしまったら「せっかく110円まで上がってたのに・・・。また110円くらいまで上がったら今度こそドルを売ってしまおう」と考える人も多かったでしょうね。

または、「110円でドルを買ったけどその後ドルが下がり、評価損を抱えてしまった」という人がいるとします。しばらくしてドルが110円近辺にもどり、評価損を取り戻したときには「やれやれ」と思い、ドルを売ってしまう人も多かったのではないでしょうか。このような要因も関係し抵抗線が作られるんです。

まどか 「人間心理が働くんですね。」
博士 はい、相場に参加しているのは皆人間ですから、人間心理も相場の値動きに現れてくるのですね。次に図(2)を見てください。今まで上抜けなかった110円を抜いてしまったら、一気に15円も上がりました。これは「今までドルは110円あたりで上値を抑えられていたから、110円は超えないだろう」と考えてドル売りを仕掛けていた人が、110円を超えてしまったのを見て慌てて買い戻したり、もしくは「110円を超えてきたから今までとは違ってドルが強い」と考えた人が新たにドルをどんどん買っていった、という状況が考えられます。

【図:2】

博士 また、これとは逆になるのが図(3)の「支持線」の例です。この支持線も破られると図(4)のように大暴落が始まってしまいました。

【図:3】

【図:4】

まどか 「約4ヶ月半で15円くらい値が下がるなんて、すごい暴落ですね。」
博士

そうですよね。次は図(5)を見てください。これも過去のドル円相場ですが、126円近辺を境に支持線と抵抗線が入れ替わっていますね。相場の格言でもありますが、「もちあいは離れたほうにつけ」ということを意識したいものですね。

買いポジションを持っていた場合には、支持線を割り込んだらロスカットするということも検討した方が良いかもしれませんね。

【図:5】

まどか 「そうですね。図(4)の時の相場だと120円くらいで買って、支持線を割れてもロスカットしなかったら大きな損につながりますよね。」
博士 その通りですね。または逆に、支持線を割れたから新規で売ってみるということも考えられますね。「支持線・抵抗線」は本当に基本的なことですが重要なことなんですね。今日の講義はここまでにしましょう。

 

本資料は信頼できると思われる情報・データに基づいて作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、本資料は情報提供のみを目的としたものであり、売買の勧誘を目的としたものではありません。売買に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさいますようお願いいたします。万一、お客様がこれらの内容を参考に行った取引から損失・損害が生じた場合にも、当社、ならびに情報提供元を含むすべての関連会社は、これに係る一切の責任を負いませんので予めご了承ください。なお、その目的を問わず本資料を無断で引用または複製することを禁じます。