1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. はじめてのFX・FX初心者
  3. テクニカル教室
  4. 第十八講:ボリンジャーバンド

第十八講:ボリンジャーバンド

 

博士 こんにちは。今日の講義は「ボリンジャーバンド」についてです。ボリンジャーバンドは米国のジョン・ボリンジャーが開発した分析方法で、価格が移動平均線の周りに正規分布しているという仮定のもとで、価格の分析に標準偏差という統計学の概念を盛り込んだのが特徴なんです。
まどか 「標準偏差?統計学?またまた私の不得意分野の話のようですね。」
博士 大丈夫ですよ。理論は難しいかもしれませんが、分析方法は理解できると思いますよ。まずは次のチャートを見てください。
メインチャート
まどか 「なんだか移動平均線みたいなものが、いっぱいありますね。」
博士 そうですね。ボリンジャーバンドは「移動平均値」と「標準偏差」で構成されているんです。上記チャートでいうと移動平均線は25日線を採用していて、その上下に標準偏差をバンドとして描いています。+1σは移動平均線+標準偏差・-1σは移動平均線-標準偏差を、そして+2σは移動平均線+2倍標準偏差・-2σは移動平均線-2倍標準偏差を表しています。統計学ではデータが正規分布している場合、±1σ内にデータが入る確率が約68%、±2σ内にデータが入る確率が約95%と言われています。
まどか 「なるほど。ということは値動きの約68%が±1σの中に収まり、約95%が±2σの中に収まるってことですね。」
博士 マドカさん、理解が早いですね。そうです、その理論をトレードに利用するんですね。例えば四角で囲まれた部分を見てください。このようにバンドが一定幅で水平な時期は、相場はレンジ相場と予測して、+2σを抜けた(近づいた)時に売り・-2σを抜けた(近づいた)時に買うという手法をとります。所謂逆張りですね。但し、ボリンジャーバンドは逆張りだけで使うテクニカルだとは勘違いしないでくださいね。バンドの幅はボラティリティを表しています。Aのように縮小傾向にあるときには値動きが小さくなっている時ですし、Bのように拡大傾向にあるときは値動きが大きくなっていることを表します。Bのような時に-2σを突破したから買いポジションをとったりしたら大変ですよね。ボリンジャーバンドが拡大傾向になったらトレンド出現の可能性もあるんです。
まどか 「そうか、逆張りだけじゃないんですね。Bの時みたいにボリンジャーバンドが拡大してきて、-2σを抜けた時などは買うんじゃなくてトレンドフォローで売りを考えた方が良さそうですね。」
博士 そうなんです。ボリンジャーバンドは逆張り・順張りどちらでも利用できるテクニカル手法なんです。最近では日本でも利用する人が増えてきていますので、覚えておきたい分析手法ですね。今日の講義はここまでです。

あわせて読みたいコンテンツ

 

本資料は信頼できると思われる情報・データに基づいて作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、本資料は情報提供のみを目的としたものであり、売買の勧誘を目的としたものではありません。売買に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさいますようお願いいたします。万一、お客様がこれらの内容を参考に行った取引から損失・損害が生じた場合にも、当社、ならびに情報提供元を含むすべての関連会社は、これに係る一切の責任を負いませんので予めご了承ください。なお、その目的を問わず本資料を無断で引用または複製することを禁じます。