1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. メキシコペソ/円 <特別コンテンツ>

話題の高金利通貨「メキシコペソ」

資金効率とスワップポイントが魅力の「メキシコペソ」。比較的少ない資金で取引でき、また長期運用することでスワップポイントによる収益を期待できます。では、どれくらいの資金でどれくらいの期間運用すると、どれくらいの収益を得られるのか。過去の実際の数値を用いたシミュレーション結果をご覧ください。

メキシコペソ/円を資金10万円
運用した場合のシミュレーション※

累計スワップポイント

※2021年1月4日に保証金10万円分(47.9万メキシコペソ)の買いポジションを新規で購入し、約1年間保有し続けた場合のスワップ益の累計です。相場による為替差損益は含みません。
※実勢スワップポイントはこちらを参照ください。
※スワップポイントは金利市場や為替変動などによって日々変動するため、将来の金額を保証するものではありません。
※相場状況によっては、スワップポイントの受取額以上、または保証金の総額以上の損失が発生する可能性があります。
※各国の金利水準は、時として大きく変動することがあります。お客様がポジションを保有しつづける場合には、スワップポイントが受取りから支払いに転じるなど、金利変動のリスクがあります。
※保有ポジション数が増加すると、為替変動によって生じる損益も大きくなります。十分ご注意の上、ご資金に余裕をもってお取引ください。
※この広告は、当社が過去の実績に基づき、スワップポイントの受取額のみを将来にわたってシミュレーションしたものです。利益の保証または損失を回避することを保証するものではありませんので、お取引の際は十分、お客様ご自身の資力、経験、判断に基づき、自己責任において投資ください。

プライヌくん

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、2ヶ国通貨間の金利差額のこといいます。金利の高い通貨を買って、翌営業日に持ち越すと、スワップポイントを受け取ることができます。ただし、金利の高い通貨を売ると逆にスワップポイントの支払いが発生します。

近年のメキシコペソ/円相場の状況

近年のメキシコペソ/円相場の状況

2019年・・・1月の始値は5.588円、12月の終値は5.743円であり、年間の値幅は0.115円。メキシコペソ/円を47.9万通貨保有していた場合、年間74,245円の為替差益が発生していたことになります。

2020年・・・1月の始値は5.759円、12月の終値は5.2円であり、年間の値幅は-0.559円。
メキシコペソ/円を47.9万通貨保有していた場合、年間-267,761円の為替差損が発生していたことになります。

2021年・・・1月の始値は5.192円、12月の終値は5.617円であり、年間の値幅は0.425円。
メキシコペソ/円を47.9万通貨保有していた場合、年間203,575円の為替差益が発生していたことになります。

※外国為替保証金取引『選べる外貨』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されませんので為替変動にご注意ください。

FXプライムbyGMO
メキシコペソ/円の取引を始める
3つのポイント

Point 1 高スワップだから長期運用に魅力

現在FXプライムbyGMOが提供するメキシコペソ/円の買いスワップは16円/日(※)。高スワップなので、スワップ収益を狙った長期運用に有用な通貨ペアであると言えます。

メキシコペソ/円の買いスワップ

※2022年10月24日持ち越し分(1万通貨あたり)の金額です。実勢スワップポイントはこちらを参照ください。
※スワップポイントは金利市場や為替変動などによって日々変動するため、将来の金額を保証するものではありません。
※相場状況によっては、スワップポイントの受取額以上、または保証金の総額以上の損失が発生する可能性があります。
※各国の金利水準は、時として大きく変動することがあります。お客様がポジションを保有しつづける場合には、スワップポイントが受取りから支払いに転じるなど、金利変動のリスクがあります。
※保有ポジション数が増加すると、為替変動によって生じる損益も大きくなります。十分ご注意の上、ご資金に余裕をもってお取引ください。

Point 2 少ない資金で始められる通貨ペア

メキシコペソ/円は、豪ドル/円などと比較して、少ない資金で始められるため、資金効率が良いことも人気の理由です。しかも、他通貨同様に1,000通貨単位からお取引いただけます。

例えば、同じ1万通貨を取引しようとした場合に必要な資金は、下記表のとおり10倍以上の差があり、メキシコペソ/円の資金効率の良さが分かります。

各通貨の為替レート

※各通貨ペアの為替レートは2022年9月30日終値の小数点以下を切り上げた数値です。
※取引に必要な資金(必要保証金)= 為替レート × 取引数量 × 0.04(レバレッジ25倍)です。
※必要保証金の金額以上の保証金を預け入れることによって、25倍以下のレバレッジにて運用いただけます。

Point 3 FXプライムbyGMOは高金利通貨の情報が豊富!

FXプライムbyGMOでは、メキシコペソ/円を含めた相場展望や指針を無料で公開しています
当社オンラインセミナーや人気の為替情報コンテンツ「井戸端為替会議」で情報をご提供いただいている佐藤隆司氏のメキシコペソ/円展望は以下です。当社はお客様のトレードの参考になる為替情報を多く揃えております。ぜひご活用ください。

メキシコ:政策金利はいよいよ10%へ、メキシコペソ/円は上昇基調を維持か 2022年11月10日

 メキシコ銀行(中銀)は、11月10日に、金融政策決定会合を開催します。大方の予想では、前回9月11日の同会合に続き、0.75%の大幅利上げが決定されるとみられています。今会合で0.75%の利上げとなれば、12会合連続利上げ、政策金利は過去最高の10.00%となります。ターミナルレートは、近づいているようですが、日銀との金融政策の違いを考えると、メキシコペソ/円の上昇トレンドは継続しそうです。

・消費者物価指数は上昇
 11月9日にメキシコの国立統計地理情報院(INEGI)が発表した10月の消費者物価指数(総合)は、前年同月比8.41%上昇となりました。項目別にみると、飲食料品とタバコが同13.95%上昇と大幅な上昇となっています。また、果物と野菜も同12.63%上昇、農産物とエネルギー価格を除くコアは同8.42%上昇となっています。前月は、総合で同8.7%上昇でしたので、インフレの高進がピークアウトした可能性はあります。ただ、依然として、高い水準に位置しています。
 また、先月末にINEGIが発表した2022年7-9月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、前期比1.0%増、米国向けの自動車や農産物など輸出が回復基調を維持しているうえ、観光業などサービス業も堅調に推移しています。ただ、物価高騰、高金利による米国の景気減速懸念は根強く、米国向けの輸出は今後減少する可能性があります。

・メキシコ中銀は12月も利上げを実施か
 消費者物価指数の発表を受けて、一部の金融機関は、メキシコ銀行は、年内にさらに0.50%の利上げに動くとの見方を示しました。ただ、先月、エスキベル・メキシコ中銀副総裁は、メキシコ経済は減速しており、過度に政策金利を引き上げるべきではないと述べています。ターミナルレートについては、10.00~10.25%となる可能性について言及しており、メキシコの利上げも最終局面に入ってきたようです。

・メキシコペソ/円は上昇基調を継続か
 メキシコペソ/円の値動きをみると、10月21日に7.578円まで上昇後、日銀の円買い介入を受けて、10月27日には7.258円まで下落しました。その後、ジリジリと水準を引き上げ、11月4日には7.556円まで上昇しました。ただ、10月21日の高値突破に失敗すると、地合いを緩め、現在、7.4円台での取引となっています。ドル・円は、高値から4.5%超の下落後の戻りが限られているのと比較すると、メキシコペソ/円は4%超の下落後、しっかりと戻っていると言えそうです。

この背景には、今年のメキシコペソが、ドル以上に強く、最強通貨であることが挙げられます。メキシコ中銀の利上げは最終局面が近づいてはいますが、日銀との金融政策の違いをみると、まだ上値余地はありそうです。目先、再度、10月21日に付けた年初来高値7.578円を試す可能性があるとみます。

■執筆者紹介

佐藤りゅうじ氏

佐藤りゅうじ氏

エイチスクエア株式会社代表 為替手帳発行人
1993年米大卒業後、マーケティング会社を経て、金融・投資全般の情報ベンダー、株式会社ゼネックス(後の株式会社オーバルネクスト)入社。マクロ経済分析をはじめ、為替、商品、株式市場のアナリストレポートの執筆、トレードに携わる。2010年より「エイチスクエア株式会社」を起業し、アナリストレポート等を執筆。また、「FOREX NOTE 為替手帳」等の企画・出版を行う傍ら、投資関係のラジオ番組「ザ・マネー~月曜日」等にも出演している。個人トレーダー。国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト。

佐藤りゅうじ氏サイト
http://forexnote.jp/