1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. 売買注文の最良執行方針

売買注文の最良執行方針

この最良執行方針は、当社がお客様にとって最良と判断する取引条件で売買注文を執行するための方針及び方法を定めたものです。当社では、お客様からの売買注文を、以下の方針に従い執行することに努めます。

1.対象通貨ペア

全通貨
(米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、加ドル/円、スイス/円、SGドル/円、香港ドル/円、ランド/円、トルコリラ/円、メキシコ/円、ズロチ/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドル、NZドル/ドル、ユーロ/ポンド、ユーロ/豪ドル、英ポンド/豪ドル)

2.最良の取引の条件で執行するための方法

[1]カバー取引

当社では、お客様の売買注文に対し、通貨ペアごとにお客様同士の売買注文をマッチング(以下「為替マリー」という)させ、ネットポジション額が一定額に達した場合は、銀行等金融機関(以下「カバー先」という)との間でカバー取引が行われるシステムを構築しており、毎営業日のいかなる時点においても、外貨ポジションに係る相場変動リスクを一定額以下に抑えられるように管理しています。

[2]取引レート

当社では、インターバンク市場※の実勢レートに基づいた取引レートを常時お客様に提示します。

  • ※インターバンク市場は、銀行等金融機関、ブローカー(電子ブローキングを含む)、通貨当局などから構成され、外国為替市場の中心的な役割を果たしています。「外国為替市場」といえば、一般的にはインターバンク市場を指します。

[3]スプレッド

当社では、お客様の買いレートと売りレートの差(スプレッド)を下記の幅で提示します。

取り扱い通貨ペア 原則固定スプレッド
米ドル/円 0.6銭
ユーロ/円 0.9銭
ポンド/円 1.8銭
豪ドル/円 1.3銭
NZドル/円 2.0銭
加ドル/円 1.7銭
スイス/円 1.8銭
SGドル/円 5.0銭
香港ドル/円 2.0銭
ランド/円 3.0銭
トルコリラ/円 4.8銭~最大100銭
メキシコ/円 1.9銭
ズロチ/円 5.9銭
ユーロ/ドル 0.6P
ポンド/ドル 1.8P
豪ドル/ドル 1.4P
NZドル/ドル 1.9P
ユーロ/ポンド 1.0P
ユーロ/豪ドル 1.9P
ポンド/豪ドル 1.9P
  • ※マーケットの流動性が著しく低下し、インターバンク市場の実勢レートが一定期間拡大した場合、当社では、当該実勢レートに基づいた取引レートをお客様に提示しているため、広告表示値のスプレッド提示が困難となる可能性があります。
    例:クリスマスならびに年末年始、米国総選挙、英国国民投票など

    ※トルコリラ/円については、現在、相場変動が激しくなっております。上記のトルコリラ/円のスプレッド最大値については、2018年8月10日の急落時における最大値です。

  • ※表のPはpipsを表します。

  • ※広告掲載日:2018/08/16

  • ※レート提供元(複数の金融機関)のすべてに異常レートが発生した場合、当社はお客様に適正なレート表示ができなくなるため、その間は取引ができなくなります。

    ※上記スプレッドは固定されたものではありません。市場急変時(震災などの天変地異、各国中央銀行の市場介入、その他外部要因)、市場流動性が低下している状況下(米国東部時間午後5時前後、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などは、スプレッドが拡大する場合やスリッページが発生する可能性があります。

[4]成行注文の執行方法

当社では、以下の条件で成行注文を執行します。
自動成立方式
お客様が売り又は買いを指定後、最新の取引レートにて自動的に売買注文を執行します。

[5]指値注文・逆指値(損切り)注文の執行方法

当社では、以下の条件で指値・逆指値注文を執行します。
①買い注文は、指定レートに取引レート(OFFER)が達した時点で執行します。
②売り注文は、指定レートに取引レート(BID)が達した時点で執行します。

[6]スリッページ

逆指値注文では、指定レートと約定レートに価格差(スリッページ)が発生いたします。また、お客様の端末と当社システム間の通信に要する時間の経過および為替相場の状況により、成行注文の際に、お客様の発注時に取引画面に表示されている価格と実際の約定価格との間に価格差が生じることがあります。

[7]月曜早朝の注文執行方法

日本時間月曜日午前7時(取引開始)に有効となっている指値注文及び逆指値注文は、その売り買い、新規決済の別を問わず、取引開始時点でその約定条件を満たしている場合、オープンレート(取引開始後最初に提示されるレート)で約定します(執行レートの売値・買値には、当該時刻のスプレッドが生じます)。そのため指値注文、逆指値注文に関わらず、指定レートと実際の約定レートとの間に価格差(スリッページ)が発生する可能性があります。

天災地変、戦争、政変、外為市場の閉鎖、外為取引の規制あるいはシステム障害等の特殊な状況が発生した場合、やむを得ず、スプレッドを拡大するなど、最良執行方針に基づいて選択する方法とは異なる方法により売買注文を執行する場合があります。そのような状況下でも、その時点で最良の条件で執行するよう努めます。

2017年4月26日更新