1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. セキュリティポリシー

セキュリティポリシー

セキュリティに対する取り組み

FXプライムbyGMOは、お客様のお取引の安全性およびインターネット取引におけるプライバシーの保護の信頼性を確保するために、セキュリティの安全性の確保を最重要視しています。そのために、FXプライムbyGMOは以下の対策を講じています。

世界基準・国際規格に基づく情報セキュリティ管理

FXプライムbyGMOでは、情報セキュリティ管理について世界基準・国際規格に基づいた管理手法を導入しており、組織的かつ継続的にセキュリティリスクを回避できる体制の維持に努めています。2007年1月には、情報セキュリティ管理(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC27001:2005」の認証を他社に先駆けて取得しました。

通信のセキュリティ管理

FXプライムbyGMOホームページでは、お客様の重要なデータの改竄や盗用を防止するため、SSL(Secure Socket Layer)の技術を使用し、高度な暗号化を行っています。お客様とFXプライムbyGMOとの間で送受信される情報は、SSLによって暗号化されています。

パスワード管理

FXプライムbyGMOでは、インターネット取引用のパスワード(英数字4桁~8桁)を取引画面上でお客様が任意に設定、変更することが可能です。お客様は、定期的にパスワードを変更することで、第三者がアクセスできないようセキュリティの確保を実現しています。

最終ログイン日時の管理

FXプライムbyGMOでは、お客様ご自身で最終ログイン日時を確認いただけるシステムを採用しています。お客様ご自身が、前回ログインした日時を確認することで、ご自分が前回ご利用になった後に、ご自分以外の第三者が不正にアクセスしていないかどうかを確認できます。

システムの運営・管理

FXプライムbyGMOの取引システム機器は、セキュリティ強化のため、耐震設備、自家発電機器を完備したデータセンタにて運営・管理をおこなっています。また、24時間常駐する当社システム担当者とデータセンタが連動してシステムの運用・監視を行う体制を構築しています。

  • 主要サーバ、回線、通信機器の二重化によるバックアップ体制の構築
  • ファイアウォールの設定とともに、外部ネットワークを通じての第三者の侵入によるデータやプログラムの盗み見・改ざん・破壊など不正アクセスへの24時間監視体制の構築