1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. 商品・サービス
  3. 選べる外為オプション(バイナリーオプション)
  4. バイナリーオプション講座
  5. 『選べる外為オプション』オプション取引について詳しく知る

オプション取引について詳しく知る

オプション取引とは

オプション取引とは金融派生(デリバティブ)商品のひとつで、「ある商品(原資産)を将来のある特定の期日(満期日)までに、特定の価格(権利行使価格)で買う権利、または、売る権利を売買する取引」をいいます。
原資産を買う権利を「コールオプション」、売る権利を「プットオプション」といいます。

原資産

オプションの権利を特定の価格で買う、または売る(=権利を行使する)ことのできる対象資産。
原資産となるものには、株式や為替、作物や貴金属など、様々な資産があります。

満期日(権利行使期日)

オプションの権利を行使できる特定の期日

権利行使価格

原資産を買う、または売ることのできる特定の価格

コールオプション

原資産を買う権利

プットオプション

原資産を売る権利

オプション取引の仕組み

オプションには、コールオプション(買う権利)とプットオプション(売る権利)があります。
それぞれ「コールオプションを買う」、「プットオプションを買う」、「コールオプションを売る」、「プットオプションを売る」ことができます。

オプションの買い手
オプションの買い手は、「プレミアム」を支払って、売り手からコールオプション(買う権利)もしくはプットオプション(売る権利)を購入し、満期日に原資産の価格が権利行使価格に達していた場合には、その権利を行使することができます。

オプションの売り手
オプションの売り手は、「プレミアム」を受け取って、買い手にコールオプション(買う権利)もしくはプットオプション(売る権利)を譲渡し、満期日に原資産の価格が権利行使価格に達していた場合には、買い手の権利行使に応ずる義務を負います。

種類 買い手、売り手の別 プレミアム 権利行使時の取引内容 損益
コール 買い 支払 「買う権利」を買う 利益:無限
損失:プレミアムの金額分
売り 受取 「買う権利」を売る 利益:プレミアムの金額分
損失:無限
プット 買い 支払 「売る権利」を買う 利益:無限
損失:プレミアムの金額分
売り 受取 「売る権利」を売る 利益:プレミアムの金額分
損失:無限

オプションの種類

オプションには様々な種類があります。以下に代表的なオプションを記載します。
※商品や市場によって呼び名が異なる場合もあります。

権利行使のタイミングでの分類

分類 詳細
アメリカン・タイプ 満期日までの期間であれば、いつでも権利行使が可能なオプション
ヨーロピアン・タイプ 満期日にのみ権利行使が可能なオプション

取引方法による分類

名称 詳細
プレーン・オプション コールやプットの取引を行う通常のオプション(バニラ・オプションともいう)
エキゾチック・オプション

プレーン・オプションに特殊な条件を付加したオプション
バイナリーオプション 満期時に、原資産価格が権利行使価格に達した場合、利益を得ることができるオプション
レンジオプション 満期時に、原資産価格が特定の価格帯に収まった場合、利益を得ることができるオプション
ワンタッチオプション 満期までの期間に、一度でも原資産価格が権利行使価格に達した場合、利益を得ることができるオプション
ノータッチオプション 満期までの間に、一度も原資産価格が権利行使価格に達しなかった場合、利益を得ることのできるオプション

オプションの価値(プレミアム)の仕組み

オプションの価値は、「プレミアム」といわれ、「本質的価値」と「時間的価値」から構成されています。
プレミアムは、原資産価格、権利行使価格、満期日までの残存期間、ボラティリティ(価格変動率)、金利等を要素に計算され、算出されます。
プレミアムを算出する代表的な理論モデルには、ブラック・ショールズ・モデルや2項モデルがあります。

オプションの価値(プレミアム)の仕組み

本質的価値

本質的価値とは、現時点のオプションの価値のことです。
本質的価値は原資産価格と権利行使価格との差分で、現在そのオプションがどれだけ有利かを示しています。
本質的価値には以下の3種類の状態があります。

イン・ザ・マネー権利を行使すると、利益が出る価値である状態
アット・ザ・マネー権利を行使すると、損益が0となる状態
アウト・オブ・ザ・マネー権利を行使すると、損失が出る状態(本質的価値がない状態)

コールオプション
本質的価値は、現在の原資産価格から権利行使価格を差し引いた値となります。

コールオプションの本質的価値 = 原資産価格 - 権利行使価格

プットオプション
本質的価値は、権利行使価格から現在の原資産価格を差し引いた値となります。

プットオプションの本質的価値 = 権利行使価格 - 原資産価格

時間的価値

時間的価値とは、将来の価格変動(値上がりする・値下がりする)に対する期待を表す価値です。
価格の変動に対する期待値や満期日までの残存期間によって変化します。

満期時に権利行使価格に達する確率が高いオプションは、期待値が高くなるため、高い取引価格となります。
一方、権利行使価格に達する確率が低いオプションは、期待値が低くなるため、低い取引価格となります。

時間的価値は、ボラティリティ、残存期間、金利などから計算されます。

ボラティリティ

ボラティリティとは、価格の変動性を数値化したものです。
「ボラティリティが高い」とは、価格の変動が大きいときを指し、「ボラティリティが低い」とは価格の変動が小さいときを指します。

コールオプションの本質的価値
コールオプションの本質的価値

ボラティリティには、代表的に以下の2つの種類があります。

ヒストリカル・ボラティリティ 過去の価格変動に基づいて算出される価格変動率
インプライド・ボラティリティ プレミアムから将来の価格変動を予測した価格変動率

残存期間

残存期間とは、満期日までの時間のことです。
残存期間が長いほど、満期時に権利行使価格に到達する確率は高くなり、時間的価値も高くなります。

金利

金利は、残存期間の変化により原資産とオプションの価格に影響します。

コールオプションの場合
コールオプションの価格は、原資産の金利が上がると高くなります。
たとえば、資金を借りて原資産を買うことを考えた場合、同じ価格であれば、現時点で買うより将来買う方が金利分だけ有利となり、金利が上がれば将来買う方がさらに有利となります。
このため、コールオプション(将来買う権利)の価格は高くなるといえます。

プットオプションの場合
プットオプションの価格は、原資産の金利が上がると安くなります。
現時点で原資産を売却して資金運用する場合と、将来同じ価格で原資産を売却する場合とを考えると、現時点で原資産を売却して資金運用した方が有利であり、金利が上がれば現時点で原資産を売却した方がさらに有利となります。
このため、プットオプション(将来売却する権利)の価格は安くなるといえます。

プレミアムを算出する代表的な理論モデルには、以下の2種類があります。

ブラック・ショールズ・モデル 原資産の現在価格、権利行使価格、残存期間、ボラティリティ(価格変動率)、金利の5つの変数により、オプションの理論価格を算出するモデル
2項モデル 残存期間を細分化し、原資産とプレミアムの変動を上昇と下落に場合分けして将来の値動きを予測することにより現在のオプションの価値を算出するモデル

プレミアムの変化

プレミアムは、ギリシャ指標と呼ばれる要因によって刻々と変動します。ギリシャ指標は代表的に以下の4種類があります。

デルタ 原資産価格の変化に対する、プレミアムの変動率を示す指標
ガンマ 原資産価格の変化に対する、デルタの変動率を示す指標
ベガ ボラティリティの変化に対する、プレミアムの感応度を示す指標
セータ 残存時間の変化に対する、プレミアムの変動率を示す指標

オプションの損益の考え方

オプション取引における損益は以下の考え方によって求められています。

コールオプションの損益図

権利行使価格100円、プレミアム10円のコールオプションを取引する場合

コールの買い

プレミアムを支払いますが、損失はその額に限定されます。

満期時点で、原資産価格が110円となると、損益は0円、110円を超える原資産価格となれば、利益を得ることができます。
原資産価格が100円を下回る場合は、プレミアムの10円が損失となります。

コールの売り

プレミアムを受取ることができますが、原資産価格が上昇すると損失となります。

満期時点で、原資産価格が110円となると、損益は0円、100円を下回る権利行使価格となれば、プレミアムの10円を利益として得ることができます。
原資産価格が110円を超える場合は、損失が発生します。

プットオプションの損益図

権利行使価格100円、プレミアム10円のプットオプションを取引する場合

プットの買い

プレミアムを支払いますが、損失はその額に限定されます。

満期時点で、原資産価格が90円となると、損益は0円、90円を下回る権利行使価格となれば、利益を得ることができます。
権利行使価格が100円を超える場合は、プレミアムの10円が損失となります。

プットの売り

プレミアムを受取ることができますが、原資産価格が下落すると損失となります。

満期時点で、原資産価格が90円となると、損益は0円、100円を上回る原資産価格となれば、プレミアムの10円を利益として得ることができます。
権利行使価格が90円を下回る場合は、損失が発生します。

バイナリーオプションの損益の考え方

バイナリーオプションは、満期時に為替相場が権利行使価格を上回っているか、または、下回っているかを予測し、予測通りの為替の値動きとなった場合には、一定の金銭(ペイアウト)を受け取ることができるオプション取引です。
バイナリーオプション取引では、オプションの買い手はペイアウトを受け取る権利を買い付けます。

コール 権利行使価格を上回った場合にペイアウトを受け取ることができる
プット 権利行使価格を下回った場合にペイアウトを受け取ることができる

バイナリーオプションの買い手

満期時に原資産価格が権利行使価格より円安(対ドルの場合、ドル安)と予測する場合、バイナリーコールオプションを買付けます。
⇒権利行使価格より円安となれば、ペイアウトを受け取ることができます。 ペイアウトとプレミアムの差額が利益となります。ペイアウトとならない場合は、プレミアムが損失となります。

満期時に原資産価格が権利行使価格より円高(対ドルの場合、ドル高)と予測する場合、バイナリープットオプションを買付けます。
⇒権利行使価格より円高となれば、ペイアウトを受け取ることができます。
ペイアウトとプレミアムの差額が利益となります。ペイアウトとならない場合は、プレミアムが損失となります。

バイナリーオプションの買い手

バイナリーオプション取引で保有したオプションの売却(転売)

バイナリーオプションでは、保有しているオプションを売却することが可能です。売却時の損益は以下のとおりです。
・売却価格>購入価格 である場合、オプションを売却すると利益となります。
・売却価格<購入価格 である場合、オプションを売却すると損失となります。
・売却価格=購入価格 である場合、オプションを売却しても利益・損失は発生しません。

バイナリーオプションを利用した取引(レンジバイナリーオプション)

レンジバイナリーコールオプション
以下の2つのオプションを取得し、満期まで保有した場合に、判定価格が2つのオプションの権利行使価格の間となれば、収益が得られ、レンジバイナリーコールオプションに似た投資を行うことができます。
・現在の原資産価格よりも低い水準を権利行使価格とするコールオプション
・現在の原資産価格よりも高い水準を権利行使価格とするプットオプション

レンジバイナリープットオプション
以下の2つのオプションを取得し、満期まで保有した場合に、2つのオプションの権利行使価格で作成された価格帯の外となれば、収益が得られ、レンジバイナリープットオプションに似た投資を行うことができます。
・現在の原資産価格よりも高い水準を権利行使価格とするコールオプション
・現在の原資産価格よりも低い水準を権利行使価格とするプットオプション

オプションを利用したヘッジ

オプションは、保有する原資産に対して、リスク回避を行う取引(ヘッジ)に利用することができます。
買い、または、売りで保有する原資産に、オプションの売りを組み合わせることにより、リスク回避(ヘッジ)をかけながら収益を狙う投資戦略として利用されます。
オプションを利用したヘッジには、「カバードコール」「カバードプット」があります。

カバードコール 原資産の買いを保有し、コールオプションの売りを組み合わせる取引
カバードプット 原資産の売りを保有し、プットオプションの売りを組み合わせる取引

もっとくわしく『バイナリーオプション講座』

『選べる外為オプション』はどんな取引?

『選べる外為オプション』の取引の仕組みについて解説するページです。

オプション取引について詳しく知る

オプション取引の仕組みについて、解説するページです。

留意事項・リスク

オプション取引・バイナリーオプション取引に関する留意事項・リスクを解説するページです。