1. FXならFXプライムbyGMOホーム
  2. 商品・サービス
  3. ちょいトレFX
  4. 取引のリスク(ちょいトレFX)

取引のリスク(ちょいトレFX)

店頭外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、元本あるいは利益を保証した金融商品ではなく、下記のように様々なリスクを伴うことから、取引対象である通貨の価格あるいは金利の変動等により、お客様が多額の損失を被る可能性もあります。お客様におかれましては、お取引を行われる前に、本書面を熟読し、本取引の仕組みやリスクを十分にご理解いただいた上、ご自身の資力、知識、取引経験及び取引目的等に照らして適切であると判断される場合にのみ、ご自身の責任においてお取引いただきますようお願いいたします。

1.為替相場・金利相場変動リスク

  1. 『ちょいトレFX』は、少ない資金(保証金)を担保として大きな金額を取引することから、高いリスクを伴います。為替相場の小さな動きによってポジションの価値が大きく変動するため、利益が大きくなる可能性がありますが、損失が大きくなり、保証金以上の損失を被る可能性もあります。
  2. 『ちょいトレFX』の注文は、ストラテジーが発する売買シグナルに従い自動的に注文が発注されますが、約定までの瞬時の値動きにより、お客様に不利な約定レートとなる場合もあれば、有利な約定レートとなる場合もあります。また、当社の取引時間外に売買シグナルが発生した場合は、取引開始後に注文が発注されるため、売買シグナルが発生した時点のレートから大きく乖離したレートで約定することがあります。さらに、為替相場の値動きが荒い等市場の状況によっては、スプレッド(ビッドレートとアスクレートの開き)が拡大したり、約定レートが売買シグナルの発生時点のレートから大きく乖離して約定することや取引が不成立となることなどもあり、お客様が投資金額以上の損失を被る可能性があります。
  3. 各国の金利水準は、時として大きく変動することがあります。お客様が『ちょいトレFX』のポジションを保有しつづける場合には、スワップ・ポイントが受取りから支払いに転じる等金利変動のリスクがあります。
  4. ※ストラテジーとは、売買を行う条件(売買戦略)をプログラム化したものです。

2.信用リスク

『ちょいトレFX』は、お客様との相対取引です。従って、当社の信用状況によっては、お客様が損失を被る危険性があり、場合によっては投資金額以上の損失を被る可能性もあります。また、当社は、お客様との取引から生じるリスクの軽減を目的として、お客様との取引について、インターバンク(銀行間)市場に参加している下記の金融機関とカバー取引を行っています。従って、そのカバー取引先金融機関の信用状況によっては、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があり、お客様が損失を被る危険性があります。

商号または名称JPモルガン・チェース銀行
業務内容銀行業
監督を受ける外国当局米国通貨監督局、米国連邦準備理事会
商号または名称シティバンク, エヌ・エイ
業務内容銀行業
監督を受ける外国当局米国通貨監督局、米国連邦準備理事会、米国連邦預金保険公社
商号または名称ドイツ銀行
業務内容銀行業
監督を受ける外国当局ドイツ連邦金融監督局
商号または名称コメルツ銀行
業務内容銀行業
監督を受ける外国当局ドイツ連邦金融監督局
商号または名称バークレイズ・バンク・ピーエルシー(バークレイズ銀行)
業務内容銀行業
監督を受ける外国当局英金融行為機構及び英健全性規制機構
商号または名称ユービーエス・エイ・ジー(銀行)
業務内容銀行業
監督を受ける外国当局スイス連邦銀行委員会
商号または名称ゴールドマン・サックス・インターナショナル(Goldman Sachs International)
業務内容証券業
監督を受ける外国当局英金融行為機構及び英健全性規制機構
商号または名称バンク・オブ・アメリカ, エヌ・エイ
業務内容銀行業
監督を受ける外国当局米国通貨監督局、米国連邦準備理事会
商号または名称モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー LLC
業務内容金融商品取引業
監督を受ける外国当局米国連邦準備理事会、米国証券取引委員会(SEC)、米国商品先物取引委員会(CFTC)
商号または名称ノムラ・インターナショナル・ピーエルシー
業務内容証券業
監督を受ける外国当局英金融行為機構及び英健全性規制機構
商号または名称香港上海銀行(The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited )
業務内容銀行業
監督を受ける外国当局香港金融管理局(香港 HKMA)
商号または名称株式会社みずほ銀行
業務内容銀行業
商号または名称GMOクリック証券株式会社
業務内容金融商品取引業(証券業)
商号または名称株式会社三菱東京UFJ銀行
業務内容銀行業

なお、お客様からお預かりする現金保証金等(時価評価総額)は、当社の資産とは区分してみずほ信託銀行(銀行業)の信託口座にて管理(金銭信託)します。みずほ信託銀行の信託口座へ入金されるまでの間は、法令の定める金融機関(みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行)における保証金入金専用の預金口座にて当社の資産とは区分して管理します。

3.流動性リスク

『ちょいトレFX』の取引は、各国の通貨の売買に係る取引です。日本円をはじめ当社が扱っている通貨は、通常流動性が確保されています。また、当社は、お客様の注文を上記複数金融機関でカバーすることにより、できる限り流動性を確保するよう努めています。しかし、主要国の休日やニューヨークの夕刻等取引が不活発な時間帯においては、レートを提示することが困難になる場合があります。また、天災地変、戦争、政変あるいは外国為替取引の規制等特殊な状況が発生した場合にも、お客様のお取引が困難あるいは不可能となる場合があります。

4.取引システムリスク

電子取引システムを利用した取引には、独自のリスクが生じます。お客様のコンピュータ、あるいは当社のコンピュータ・システム等の故障・誤作動、第三者が提供する『ちょいトレFX』の取引に係るコンピュータ・システム、通信回線等『ちょいトレFX』の取引に係るシステムの故障・誤作動によりお客様に損失が生じる場合には、お客様がすべての責任を負うことになります。また、電子取引システムを利用されるお客様の個人情報が窃盗等により漏洩した場合に、その情報が第三者に悪用される等のリスクもあります。

5.システムトレードに伴うリスク

『ちょいトレFX』は、お客様のパソコン及び当社が提供する取引ツール「ちょいトレFX」が正常に稼働し、当社とのインターネット回線が接続されている場合にのみ、ストラテジーが発する売買シグナルに従って注文が正常に発注されます。そのため、お客様のパソコンの稼働状態やインターネット回線の接続状況によっては、ストラテジーの運用や売買シグナルの発生、注文の発注等に何らかの悪影響を与え、お客様が意図した注文の発注が遅延し、または注文が発注されない場合があり、それによってお客様に損失が発生する可能性があります。お客様のパソコンがスリープ状態になっている場合等についても、当社が提供する取引ツール「ちょいトレFX」は稼働いたしませんので、ご注意ください。
また、いかなる場合も約定後に注文の訂正・取り消しを行うことはできません。お客様ご自身の判断と責任においてご利用いただき、当社は一切の責任を負いませんのでご注意ください。

6.取引手数料

『ちょいトレFX』の投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(消費税込)となります。投資助言報酬は取引成立時にご負担頂きます。(投資助言報酬は取引レートに含まれています。)なお、インターネット取引手数料は、取引数量にかかわらず新規・決済取引とも無料です。

7.クーリング・オフ

『ちょいトレFX』はストラテジーが発する売買シグナルに従い自動的に注文が発注されます。お客様から店頭外国為替保証金取引注文を受けたときは、当社はすみやかに当該注文を執行いたしますので、お客様が注文成立後に当該注文成立に係る契約を解除(クーリング・オフ)することはできません。

  • 上記は、当社が提供する『ちょいトレFX』に伴う典型的なリスクを簡潔に説明したものであり、本取引から生じる一切のリスクを漏れなく示すものではありません。
  • カバー取引は、お客様が当社と行われる『ちょいトレFX』のお取引から独立した取引です。従って、カバー取引先として記載されている上記金融機関は、お客様が行われる『ちょいトレFX』のお取引について、お客様のお取引相手方となるものではなく、お客様の保証金やお取引から発生し得る損失その他お客様のお取引の内容もしくは決済、あるいは当社のお客様に対する債務について、何ら責任を負うものではありません。また、上記金融機関は、お客様が行われる『ちょいトレFX』のお取引やカバー取引に関するお問い合わせに応じることは、一切ありません。

『ちょいトレFX』を始めるには・・・・・

【ご注意】『ちょいトレFX』を始めるには、口座開設が必要となります。